グルコサミンサプリメント BPグルコ 200g/100g 関節のサポート・健康維持に。

グルコサミン・コンドロイチン配合のサプリメントです。
嗜好性が高く、小型犬から大型犬まで、関節のサポート、健康維持のために与えてください。

nbp100200

p3

グルコサミンの話

グルコサミンは、ムコ多糖体の構成成分の一つで、軟骨を形成する重要な成分です。磨り減ったり傷ついた軟骨を修復する働きがあります。本来は人間や動物の体内で作成されるものですが、年齢とともに酷使する軟骨への供給が追いつかなくなります。

グルコサミン必要量の話

グルコサミンの必要量に関しては、明確な規定はありません。
たくさん与えても害はほとんどありませんが、与えた量に比例して効果が現れるものではありません。
BPグルコでは、犬の代謝速度を想定し、給与量を人間に通常使われる量の3倍配合しています。

ムコ多糖類の話

BPグルコには、ムコ多糖体(コンドロイチン、ヒアルロン酸など)やタンパク質アミノ酸など骨の基質(鉄筋コンクリートの鉄筋の役目)になる成分が自然な 形で含まれています。

保存性の話

BPグルコは酸化防止剤、保存料などは一切使用しておりませんので安心してお使いいただけます。
また、開封後はお早めにご使用ください。

BPグルコはこんなワンちゃんにおすすめです!

  • 関節にトラブルを抱えている

    クッション(軟骨)が擦り減っている場合があります。

  • 育ち盛り(発育期)の仔犬

    育ち盛りで活発に運動する仔犬の関節・軟骨の強化におすすめです。
    関節や軟骨の機能が十分に発達していない発育期は、無理な運動や動作で関節や軟骨を痛めて
    しまう事があります。

  • 関節に負担がかかりやすい体型の犬種(胴長・小型・超小型犬)

    体型が胴長の犬種は、関節などに負担がかかりやすく注意が必要です。
    小型・超小型の犬種は体重は軽いのですが、屋内犬が多くサイズが小さいので、 ちょっとした原因で関節トラブルになる事があり、注意が必要です。

  • 6才以上の中高齢(シニア)になっている

    新陳代謝が衰えて体内で作られるグルコサミン量が減り関節のトラブルが起きやすくなります。

  • 屋内で生活・よく滑っている場合

    フローリングなど滑りやすい環境で関節を痛めるトラブルが最近増えています。肥満ぎみの場合、
    体重が重いと関節への負荷が増大して軟骨が擦り減り関節のトラブルが起きやすくなります。

  • 運動量がとても多い場合

    運動量が多いと、それだけ関節や軟骨を酷使することになります。

関節のトラブルチェックシート

次のような様子がペットにみられる場合は、関節にトラブルを抱えている場合があります。
心当たりがある場合は、BPグルコをお勧めします。

  1. 極端に散歩を嫌がるようになったが心当たりがない
  2. 歩き方が以前と比べ不自然になった
  3. 最近、散歩の歩調が急に遅くなった
  4. 抱っこを嫌がるようになった
  5. 飛びついていたのに、急に飛びつかなくなった
  6. 普段の動きが極端に緩慢になった
  7. ソファー等に上がらなくなった
  8. 以前は出来たお座りが横座りになる
  9. 階段の昇降を嫌がるようになった

※BPグルコは薬品ではありません。様子によっては動物病院へ行かれる事をお勧めします。

使用原料と成分のご紹介

犬用サプリメント

  • 商品名

    ビーピーグルコ(BPグルコ)

  • 内容量

    200g/100g

  • 原材料名

    カルシウム、グルコサミン塩酸塩、ビール酵母細胞壁、ポークエキス、ムコ多糖類(コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、ペパリチンなど)

  • 標準成分/1g当り

    エネルギー2.9kcal/g.グルコサミン塩酸塩150mg以上/g.コンドロイチン硫酸18mg/以上/g.水分5.1%以下、たんぱく質21.8%以上、脂質12.2%以下、糖質2.0%以下、灰分34.0%以上

東京本社

〒152-0021 東京都目黒区東が丘2-6-25
TEL:03-3424-6201

大阪営業所

〒564-0036 大阪府吹田市寿町2-4-2
TEL:06-6381-7159

トップに戻る