アレルギーを起こしにくいタンパク成分

牛乳中に多く含まれるαカゼインは牛乳アレルギーの主要な原因タンパクです。
ヤギミルクのタンパクはβカゼインが主体となっているため、牛乳アレルギーのあるペットでもアレルギーを起こしにくいのです。

消化・吸収に優れています

ヤギミルクのタンパク質はお腹の中でソフトカードになるため牛乳のタンパク質より消化・吸収に優れています。ヤギミルク中の脂肪球が牛乳の脂肪球よりも小さいのも、ヤギミルクが消化・吸収に優れている理由のひとつです。

優れた栄養バランス

ヤギミルクはカルシウム、リン、カリウムなどのミネラル含量が高く、ビタミンA1,ビタミンB2の供給源としても優れているほか、タウリン含有量は牛乳の約20倍にも及びます。

 

 

東京本社

〒152-0021 東京都目黒区東が丘2-6-25
TEL:03-3424-6201

大阪営業所

〒564-0036 大阪府吹田市寿町2-4-2
TEL:06-6381-7159

トップに戻る