アレルギーを起こしにくいタンパク成分

牛乳中に多く含まれるαカゼインは牛乳アレルギーの主要な原因タンパクです。
ヤギミルクのタンパクはβカゼインが主体となっているため、牛乳アレルギーのあるペットでもアレルギーを起こしにくいのです。

消化・吸収に優れています

ヤギミルクのタンパク質はお腹の中でソフトカードになるため牛乳のタンパク質より消化・吸収に優れています。ヤギミルク中の脂肪球が牛乳の脂肪球よりも小さいのも、ヤギミルクが消化・吸収に優れている理由のひとつです。

優れた栄養バランス

ヤギミルクはカルシウム、リン、カリウムなどのミネラル含量が高く、ビタミンA1,ビタミンB2の供給源としても優れているほか、タウリン含有量は牛乳の約20倍にも及びます。

与え方(1日あたり)

体重 1週令まで 1週令以降 温湯
100g前後 3g(1杯) 5g(1.5杯) 30ml
200g前後 6g(2杯) 9g(3杯) 60ml
400g前後 12g(4杯) 15g(5杯) 105ml
600g前後 21g(7杯) 27g(9杯) 150ml
600g前後 30g(10杯) 39g(13杯) 210ml
1kg前後 42g(14杯) 54g(18杯) 270ml
15kg前後 45g(15杯) 75g(25杯) 400ml
         *ヤギのミルク(小さじ)
 

成分

タンパク質・・25%以上、脂肪・・31%以上、水分・・3%以下、粗灰分・・6%以下、炭水化物・・35%以下
カロリー粗灰分・・519Kcal(100gあたり)

 

 

 

東京本社

〒152-0021 東京都目黒区東が丘2-6-25
TEL:03-3424-6201

大阪営業所

〒564-0036 大阪府吹田市寿町2-4-2
TEL:06-6381-7159

トップに戻る